春~夏には短めスカートをはきたくなる!

春~夏にかけてのファッションは、少し短めのスカートをはきたくなりませんか?
短めのスカートに欠かせないのが、スラッとした脚…。
自分の脚はというと…ちょっと太めでぽってり感があるので、結局毎年諦めてしまうんですよね。でも、今年こそはおしゃれを楽しみたい!と思い、脚を細くできる方法を調べてみました。

 

脚が太い原因には、脚の代謝が悪いということが根本的な理由なんだそうです。
そして、脚の代謝が落ちる原因は、骨のゆがみなんだとか。骨がゆるんでいると、そこについている筋肉バランスが崩れて、血液やリンパの循環が悪くなるので、老廃物が溜まって脚が太くなりやすいみたい。
太ももとが特に太い人は股関節にゆがみがあって、ふくらはぎた特に太い人は脚首やひざにゆがみがあるそう。

脚を細くするためには、気になる部分を引き締めるよりも骨格のゆがみをとることから始めた方が良いそうです。
脚の歪みをとるために効果があるのが、足首のストレッチ。ふくらはぎを引き締める効果も高いのと、全身の筋肉も柔らかく保つことができます。

 

やり方はとっても簡単で、椅子に座って片足ずつ交互に手を使って、右回し・左回しを各10~20回ずつ行うという方法。
1日一回、継続して行っていると、自然に細い脚を叶えることができます。

私も夏に向けて現在実践中です!

ワキガ対策に良さげなアイテムを発見!

汗をかく夏になると気になるのがワキのニオイですよね。私は市販のロールタイプのデオドラントを使っているので、あまり気にならないのですが、私の年下のいとこはそれではニオイケアが十分にできないと悩んでいます。

いわゆるワキガのタイプに分かれるようなんですが、いとこは女子大学生ということもあって、彼女にとっての大きな悩みの一つになっているみたいなんです。

 

そんな彼女の悩みを解決できるものはないかと探していたところ、良さそうなものを見つけました。ラポマイン ノアンデという商品なんですが、汗にも強い処方になっているようで、朝に一度塗ると夜までしっかりとニオイを抑える効果が持続するそう。

また、敏感肌や乾燥肌などの肌が弱い人にもやさしい使い心地なので、かぶれの心配もないみたいです。

わきが臭の原因になる、アポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂線の汗腺類からの分泌物が皮膚の常在菌によって分解させれることでニオイが発生するのですが、ラポマイン ノアンデのニオイカット、この主な原因になる3つに対してニオイをカットさせる働きをするそう。なので、トータル的なわきが対策ができる優れものみたいです。

 

肌にもやさしそうだし、除菌率も99.9%も除去できるようなので、いとこにプレゼントをしようかなと考えています。

爪が割れやすい時

たまになんですが、爪が割れて洋服に引っかかってしまう時があります。
どうもこんな時は爪への血流が足りなくて栄養不足に陥っている状態のようなんです。

顔や手などと同様に、血液循環が悪くなると爪も老化していくんだとか。ただでさえ、指先などの体の末端部分は、血行が悪くなりがちらしく、意識してこれを良くすることが田大切だとう。
また、乾燥も爪をもろくする原因の一つになるみたいで、ハンドクリームを手に塗る時には、爪のまわりにも忘れずに伸ばすのも良いそうです。

 

健康的な爪を作るには、根本の保湿とタンパク質が重要なポイント。
爪の根本にオイルやクリームをしっかりと塗って保湿をすると、次に映えてくる爪がキレイになります。また、爪が弱くなる栄養不足を補うためには、爪を作るもとになるタンパク質をたっぷりと食事で補うようにすると、健康的な爪を取り戻すことができます。
お肉や魚、豆類などを補給するように心がけると良いみたいです。

 

また、爪が割れやすい時期には爪きりを使わずに、爪やすりを使うといいみたい。
こまめに爪やすりで爪の先をケアすることで、割れたり二枚爪になるのを防げるようです。

 

手の先は以外に人の目に触れるところなので、キレイに保ちたいもの。
タンパク質の補給と爪やすりを使って、強い爪を作っていきましょう。

手の老化現象が気になる

いくら若々しい恰好をしていても、手をみただけで年齢がばれてしまうことがありますよね。毎日紫外線や水仕事の刺激などのさらされている手は、体の中で一番老化しやうし部分。
それなのに、人の目につくことも多く、体の中で最も年齢を感じさせる部分ともいえるんですよね。顔のケアと同様に手も毎日のケアが大切なんですって。

手が老けて見える最大の原因は、シワやかさつき。水仕事前には水をはじくタイプのハンドクリームを塗って保護しておき、さらに終わったら、手が乾燥する前にワセリンやオイルなどの保湿性の高いものを塗っておくようにすると良いみたいです。

 

特におススメなのが、オリーブオイル。抗酸化成分のビタミンEやポリフェノールを含んでいるので、保湿に加えて肌の老化防止も期待できます。

スキンケア用のオイルは使い心地も軽めなので、肌が湿っている状態で塗れば、さらっと肌に馴染みますよ。
また、コピー用紙や段ボールの紙類も、指先から皮脂を奪ってしまうものの一つ。もし触れる機会が多いのであれば、作業前にベタつかない程度にハンドクリームを塗って指先を保護しておくのがベストです。

毎日のスキンケア時に、手に残った化粧水や美容液をすりこむだけでも良いそうですよ。もし、手アレがひどいようなら、夜、手袋をして寝ると早い段階でアレが引いていきます。

抜け毛の悩み

うちの主人は30代後半に差し掛かった最近、少し髪の量が少なくなっているような気が…。本人もやっぱり気になっているようで、育毛剤を使おうかと思っているようです。

そんな、ネットでどんな商品が良いのかと探していたところ、deeper3dという育毛剤。
一般的な育毛剤には、センブリエキスやニンジンエキスではなく、キャピキシルやプラセンタエキス、ヒトオリゴペプチド-5などが配合されいるそう。deeper3dの最大の特徴は、他の育毛剤で、なかなか入っていない成分が配合されているところのようです。

 

このキャピキシルという成分は、カナダで開発された成長因子と植物エキスをミックスさせたもの。この成分はメーカーがオリジナルで製造しているので、他では手に入らないという希少価値があり、高い効果があるものなんだとか。

実際のdeeper3d 口コミを見てみると、育毛剤で有名なリアップを使っていたが効果はなく、deeper3dを使い始めると髪の毛に変化が出てきたい!とか、使った後の浸透性が良くコシのある毛髪になってきているなどの効果を実感している人が多いようなんですよね。

 

嫁としても、旦那にはずっと素敵でいてもらいたい、おやじ化して欲しくないので、少し価格が高いdeeper3dですが、試しに購入しようかと考えている今日この頃です。

ガサガサひじをツルツルに!

冬の間は洋服で隠れているので、あまり気になることがないひじ。
でも春から夏にかけて薄着になってくると、ガサガサになっていることに気づくんですよね。

ひじは皮下脂肪もほとんどなくて、骨と机などのかたいものに挟まれることが多い部分だから、どうしても刺激を受けてガサガサになりがちに。手入れをせずに放っておくと、角質はどんどんかたくなって粉をふいたような状態になってしまいます。

ひじのガサガサを予防するためには普段からのお手入れが一番大切なんですって。いざというときに慌ててこすったりクリームを塗ってもすぐには元に戻らないんだとか。乾燥する冬場はもちろん、夏でも定期的にお手入れをすることが重要なんだとか。

尿素やケラチナミンなどの角質除去成分の入った専用クリームもありますが、身近ななところで効き目を発揮するのがお塩!
天然塩を使ってひじ浴をするのが効果的なんだとか。下記にひじ浴の方法をご紹介するので、ひじのガサガサが気になる人はぜひ試してください。

【ひじ浴のやり方】
大きめの洗面器などにお湯をはって5~10分くらいひじをつける。その後に天然塩を手にとってひじに揉みこむようにやさしくマッサージします。お風呂に入ったついでに行うと手間さを感じることがありませんよ。

タンクトップが似合うスッキリ二の腕に!

あなたの二の腕はスッキリ引き締まっていますか?私の二の腕はというと…残念ながらたぷたぷとやわらくなってしまっています。なので、夏になるとタンクトップ系のかわいい洋服が欲しくなるのですが、着る自信がなく結局は諦めてしまうんですよね。

人間も、他の動物と同じように4本足で歩いていた昔は、二の腕の後ろ側の筋肉を日常的に使っていました。でも、二足歩行になるとこの部分をあまり使わなくなってしまったので、たるみやすくなったんだとか。

 

たぷたぷ二の腕を直すには、その部分の筋肉に負担をかけるのが一番!
日女生活の中では、腕を高くあげることが少ないので、例えば棚の上などの高い場所に手をあてて、二の腕の後ろを伸ばすだけでも効果があるそう!この時、何度もやっていると筋肉が張ってくるので、だるさを感じたらストレッチをしてほぐすようにします。

また、二の腕がたぷたぷの人に共通しているのが、猫背。背中が丸まっていると肩が前にずれて、二の腕の筋肉がゆるんでしまうんだとか。なので、腕振りなどの体操に、背筋を伸ばすストレッチを一緒に組み合わせるとより効果が得られます。

今年こそは素敵なタックトップワンピを着るために、今二の腕ストレッチを頑張っています。

キレイな鎖骨で女性らしさアップ!

大きく開いた胸元にくっきりと浮かんだ鎖骨は、女性ならではの美しさでもありますよね。鎖骨がキレイに見えると、きゃしゃで品があるように見えます。

 

鎖骨は、肋骨と連動していて、胸の筋肉がこわばっていると、それに押されて肋骨が体の中の方へと入り込んでしまうのだとか…。
体を横から見た時に胸と背中の間が、ある程度広がっているのが肋骨の肌しい位置です。それが狭まってしまうと、肋骨もつられて奥に入ってしまうので、真っ直ぐキレイに見えなくなるんです。

 

胸元に美しう浮かびあがる鎖骨は見た目が良いだけでなく、身体的にも正しい位置にあると言えます。鎖骨が奥に入っていると、胸と背中の間がつまって、呼吸が浅くなってしまい、さらに猫背にもなりやすく、背中が凝る原因にもなるんだとか。

 

鎖骨美人になるためには、深呼吸がとても有効!深く呼吸をして胸をいっぱいに空気を吸い込むと、肋骨が広がります。そうすると、胸や背中の筋肉のコリもほぐれて奥へ入り込んでいた鎖骨も押し出されてくるんですよ。

 

また、体を後ろへそらすストレッチなどで背筋をまっすぐに伸ばすのもおすすめです。普段から姿勢を良くしたり、深呼吸をするだけでも鎖骨はキレイに出てきます!

すっぴん美人を目指したい人におすすめのサイト

女性の憧れと言えば、ファンデーションなどのメイク要らずのすっぴんがキレイな肌ですよね。素肌がキレイだと女子会温泉に出かけた時も、自分に自信が持てるようになったり、といいことづくめ。

私もすっぴんの肌がどれだけキレイになれるか?ということに日々努力を重ねているのですが、やはり自己流だけでは追いつかない年齢にもなってきました。(現在30代半ば)

 

そんな時に、素肌をキレイにさせるためのたくさんの情報が詰まったサイトはないかと探していたところ、とっても役立ちそうな知識が満載のサイトを見つけました。
そのサイト名は日本すっぴん協会です。

名前の通り、すっぴんに自信が持てる肌を作りだすための情報を発信しているんです。
美容術を始め、素肌がキレイな人のインタビュー記事、イチオシアイテムなどなど、女性にとって嬉しい情報が一つにまとまっています。

 

このサイトを見ているだけで、キレイになれそう!とワクワクしてくるほど。
実際に実践して効果が出た方法がたくさんあるので、本格的な美容ケアを行いたいという人にはおすすめですよ!

春になると心機一転したくなるもの。もっと美容に力を入れたい時にとっても重宝すること間違いなしです。

便秘は生活習慣によって起こるらしい

便秘に悩む女性は多いと思います。私も慢性的ではないものの、そのうちの一人です。
いつもと同じことをしているのに、便秘になってしまうことがあるんですよね。

便秘の原因には、食事や習慣など、日常生活がとっても深く関わっているそうです。
例えば、ダイエット中だからと言って、食事量を減らしたり、水分を十分にとらずにいると、腸が少ない栄養をできる限り吸収しようとするので、便が硬くなるそうです。特にダイエット中は、腸を刺激して便通をよくする食物繊維も腹側しがちなので、便秘になりやすいんですよね。

また、便意があるのに我慢をしてしまう人もいますが、これは腸が鈍感になって便秘の習慣を作り出すことに繋がるので我慢は禁物です。
それ以外にも精神的ストレスが原因で便秘になることもあります。排便する際には自律神経のリラックスモードである副交感神経が関わています。ですが、緊張のために緊張モードの交感神経が優位になってしまうと腸がうまく機能せずに、便秘になってしまうんだとか。

便秘を解消して毎日スッキリを目指したいなら、日頃から食生活の見直し、運動習慣、排便の習慣、ストレスをためないということが大切なポイントになりそうです。